多摩産材でつくるこだわりの家


マイホームパートナーでは、東京の気候風土に一番ぴったり合った地元多摩の木材にこだわり、

快適で健康的な住宅を提供します。


  地元の木でつくる家

家を建てるときに使われる木材は、現在外国からの輸入物が大半を占めています。しかし国宝と呼ばれるような歴史的な建築物は100%日本の木材、それもほとんどその土地で産出された木材が使用され何百年もの風雪を耐え抜いています。

国産の木材は日本の四季や気候風土の関係で中身の詰まった材質になっています。中でも地元で育った木は、その土地の気候風土に一番ぴったり適応しています。

地元の木材で作られた昔の建築物は何百年もの間、快適な住空間を提供できるのです。




施工事例

 【森呼吸する家 シリーズ】      

 地元日野市ならではの家づくりを提案

深呼吸する家①
深呼吸する家②
深呼吸する家③




お客さまの声
資料請求・お問合せ
体感ルーム(展示場)
Q&A

 




見学会のご案内

 

【構造見学会の予定】⇒平成29年5月27日・28日予定(要予約)

■上記に参加できない場合は5/22~5/26でも見学可 ※5/24(水)は除く  NEW 

【完成見学会の予定】⇒平成29年6月3日・4日 NEW